気候変動に対応した果樹品種の開発と安定生産技術の確立 、(3)気候変動に強い産地育成をめざした地域特産果樹や新規品目の評価 、5)アテモヤの安定生産技術の確立

気候変動に対応した果樹品種の開発と安定生産技術の確立 、(3)気候変動に強い産地育成をめざした地域特産果樹や新規品目の評価 、5)アテモヤの安定生産技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜30
年度2013
概要1.生産現場での技術的問題
、 アテモヤはマンゴー等の主要熱帯果樹類の出荷が少ない冬春期に収穫可能な地域特産品目として有望視され、八重山地域においても栽培に取り組み始める農家が増えつつあるが、台風や大雨、干ばつ等の気候変動による結果率や果実品質の低下が大きな障害となっており、安定生産には至っていない。
、2.開発技術名及び期待される成果
、 アテモヤの高品質果実を気候変動に左右されずに安定的に生産する技術を確立することにより、普及拡大や産地育成に寄与できると期待される。
研究分担石垣支所
予算区分国庫補助(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211514
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat