発酵食品とその素材に関するD-アミノ酸の機能に関する基礎研究

発酵食品とその素材に関するD-アミノ酸の機能に関する基礎研究

課題番号2012020518
研究機関名九州大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題発酵食品とその素材に関するD-アミノ酸の機能に関する基礎研究
摘要D-アミノ酸脱水素酵素を用いてD-IleとD-Lysの特異的酵素分析法を確立した。魚醤油のさんまうまみのD-LeuとD-Phe濃度が高いことを見出した。官能試験にD-Ala、D-Leu、D-Ile、D-Valを用いた結果、D-アミノ酸の組合せ方で嗜好性に大きな変化があることを見出した。D-MetやD-Serが微生物の生育遅延や生育阻害を引き起こしやすく、D-Ser添加で一時的に大腸菌が凝集することを見出した。D-アミノ酸トランスアミナーゼとイソロイシン 2-エピメラーゼの生化学的特徴を明らかにした。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Pediococcus lolii sp. nov., isolated from ryegrass silage
(2)Effects of alkali or acid treatment on the isomerization of amino acids
(3)食品機能成分としてのD-アミノ酸の可能性
(4)Visible wavelength spectrophotometric assays of L-aspartate and D-aspartate using hyperthermophilic enzyme systems
(5)Creation of a thermostable NADP+-dependent D-amino acid dehydrogenase from Ureibacillus thermosphaericus strain A1 meso-diaminopimelate dehydrogenase by mutagenesissite-directed
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211586
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat