D-アミノ酸の定量、生成機構と制御に関する基礎研究

D-アミノ酸の定量、生成機構と制御に関する基礎研究

課題番号2012020520
研究機関名名古屋大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題D-アミノ酸の定量、生成機構と制御に関する基礎研究
摘要D-セリン測定キットの有効性の検証と、D-セリンの生理機能解析のため、同キットによりヒト尿中のD-セリン濃度を測定し経日変化などを解析した。D-セリンの生理機能解析を目的に、疫源性を低下させたポリエチレングリコール修飾D-セリンデヒドラターゼをマウスに投与、海馬でのD-セリン濃度の低下に成功した。D-アスパラギン酸の生理機能解析のため、生合成酵素であると報告されたGOTL1の大腸菌、昆虫培養細胞などでの発現を行うとともに、同酵素遺伝子を破壊したマウスでのD-アスパラギン酸の挙動を解析した。D-アミノ酸を経口投与した場合のマウスの腸内細菌叢の変化を解析した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Role of Zinc Ion for Catalytic Activity in D-Serine Dehydratase from Saccharomyces cerevisiae.
(2)Enzymatic assay for D-aspartic acid using D-aspartate oxidase and oxaloacetate decarboxylase.
(3)Catalytic mechanism of serine racemase from Dictyostelium discoideum.

(4)Lysine racemase from a lactic acid
bacterium, Oenococcus oeni: Structural basis of substrate specificity.

(5)Metal ion dependency of serine racemase from Dictyostelium discoideum.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211588
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat