胎盤におけるレトロエレメントの機能解析と制御

胎盤におけるレトロエレメントの機能解析と制御

課題番号2012020538
研究機関名東京大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題胎盤におけるレトロエレメントの機能解析と制御
摘要中課題Aの協力の下でBERV-Pの融合能解析、抗体の作製およびウシ子宮内での発現解析を行い論文にまとめた。BERV-539の培養細胞、ウシ子宮内や他の臓器内発現解析やmRNAの局在を検証した。一方、中課題Cとの共同研究では、ウシ子宮内におけるウイルス出芽を抑制するBST遺伝子の発現や機能解析を行った。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Binding of transcription factor activating protein 2 γ on the 5'-proximal promoter region of human porcine endogenous retrovirus subgroup A receptor 2/GPR172B.
(2)Coculture system that mimics in vivo attachment processes in bovine trophoblast cells.
(3)Expression and potential role of GATA6 in ruminant trophoblasts during peri-implantation periods.
(4)Estrogen-dependent uterine secretion of osteopontin activates blastocyst adhesion competence.
(5)Dynamic evolution of endogenous retrovirus-derived genes expressed in bovine conceptuses during the period of placentation.
(6)Down-regulation of interferon-tau gene transcription with a transcription factor, EOMES.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211606
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat