フラボノイドの探索と作用解析

フラボノイドの探索と作用解析

課題番号2012020543
研究機関名徳島大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題フラボノイドの探索と作用解析
摘要プレニルフラボノイドの作用メカニズム解析のため、プレニル化フラボノイドの大量合成を進めた。得られたプレニル化ナリンゲニンで評価をしたところ、骨格筋の分解に関わるユビキチンリガーゼの発現を抑制することをみいだした。ケルセチンの作用メカニズム解析ではミトコンドリア異常に基づく活性酸素の発生を抑制することを明らかにした。ヒト臨床試験では、10名の被験者の協力を得て30日間の試験食摂取を行い、血清や尿に含まれる成分の解析を行った。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Evaluation of the Inhibitory Effects of Quercetin-Related Flavonoids and Tea Catechins on the Monoamine Oxidase‐A Reaction in Mouse Brain Mitochondria
(2)Stanniocalcin 2 is associated with ectopic calcification in ・・klotho mutant mice and inhibits hyperphosphatemia-induced calcification in aortic vascular smooth muscle cells
(3)Effect of quercetin and its glucuronide metabolite upon 6-hydorxydopamine-induced oxidative damage in Neuro-2a cells
(4)Prevention of Disuse Muscle Atrophy by Dietary Ingestion of 8-Prenylnaringenin in Denervated Mice
(5)An Efficient Method for C8-Prenylation of Flavonols and Flavanones
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211611
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat