マイコウイルスの分子生物学

マイコウイルスの分子生物学

課題番号2012020553
研究機関名岡山大学資源生物科学研究所
研究期間2008-2012
年度2012
中課題マイコウイルスの分子生物学
摘要これまでの成果を基にウイルスのインヴェントリーを作成した。病原性衰退菌W1032に含まれる新規ヴァイロコントール因子(最低5種類のウイルス由来dsRNA)の解析に成功した。また、ヴァイロコントロール因子として有望なマイコウイルスを数種、RnMBV1、MyRV3, 新規ヴァイロコントール因子(W1032由来)の検出法を確立した。NW10およびW1032由来計2種類の新規RNAウイルス完全長cDNAを合成に成功した。クリ胴枯病菌感染性CHV1およびMyRV1の白紋羽病菌への感染性を検討した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)A new mycovirus species in a new virus family Quadriviridae.
(2)Evidence for negative-strand RNA virus infection in fungi. (selected as a Highlighted Article)
(3)A second quadrivirus strain from a phytopathogenic filamentous fungus, Rosellinia necatrix.
(4)Viruses of the white root rot fungus, Rosellinia necatrix
(5)Hypovirus cysteine proteases p29 and p48. (2012). Chapter 492.
(6)A novel quadripartite dsRNA virus isolated from a phytopathogenic filamentous fungus, Rosellinia necatrix.
(7)Effects of defective-interfering RNA on symptom induction by, and replication of, a novel partitivirus from a phytopathogenic fungus Rosellinia necatrix.
(8)The cysteine-rich proteins of beet necrotic yellow vein virus and tobacco rattle virus contribute to efficient suppression of silencing in roots.
(9)Mycoreovirus genome alterations: similarities to and differences from rearrangements reported for other reoviruses.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat