インシリコスクリーニングを用いた生分解性ナノ粒子固定化ペプチドの創出

インシリコスクリーニングを用いた生分解性ナノ粒子固定化ペプチドの創出

課題番号2012020574
研究機関名(独)理化学研究所
研究期間2009-2013
年度2012
中課題インシリコスクリーニングを用いた生分解性ナノ粒子固定化ペプチドの創出
摘要牛白血病ウイルス(BLV)由来Thエピトープp12-4及びgp51pepを鋳型として、より免疫効果の高いp12-4R1とgp51R1を作製した。それらをナノ粒子の炭酸アパタイト(N)に固定化してマウスに投与し、Th1型細胞性免疫誘導能を有することを示した。また、N固定化ペプチド(P)の大量合成に成功した。Pの牛での有効性を確認するため、以下の試験を続けている。1)伝播抑制試験:BLV感染牛群にPを投与したBLV感受性牛(K牛)を放牧し、感染の有無を調べる。2)病態進行抑制試験:K牛にBLV感染牛由来白血球を接種し、更にPを投与して病態の抑制効果を調べる。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Visualizing spatiotemporal dynamics of apoptosis after G1arrest by human T cell leukemia virus type 1 Tax and insights into gene expression changes using microarray-based gene expression analysis
(2)BLV-CoCoMo-qPCR: a useful tool for evaluating bovine leukemia virus infection status
(3)Positively but not negatively charged cholesterol-recombinant human gelatins foster the cellular uptake of proteins andmurine immune reactions
(4)Identification of bovine leukocyte antigen class II haplotypes associated with variations in bovine leukemia virus proviral load in Japanese Black cattele
(5)Characterization of bovine MHC class II DRB3 diversity in Latin America Creole cattle breeds
(6)ホルスタイン種における牛白血病の病態及び発症要因の検討
(7)Association between BoLA-DRB3 and somatic cell count in Holstein cattle from Argentina
(8)The pH-Sensitive Fusogenic 3-Metyl-Glutarylated Hyperbranched Poly(Glycidol)-Conjugated Liposome Induces Antigen-Specific Cellular and Humoral Immunity
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211642
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat