根寄生植物の宿主認識におけるストリゴラクトンの機能解析

根寄生植物の宿主認識におけるストリゴラクトンの機能解析

課題番号2012020591
研究機関名宇都宮大学
研究期間2009-2013
年度2012
中課題根寄生植物の宿主認識におけるストリゴラクトンの機能解析
摘要イネが生産する新奇SLの推定構造を提出した。類似の化合物をトウモロコシから単離した。セイヨウアブラナが分泌する根寄生植物Phelipanche ramosaの種子発芽刺激物質である2-PEITCとSLはそれぞれ独自に作用し、相加的あるいは相乗的相互作用は認められなかった。ドクダミから単離されたstrigoneの立体異性体の各種根寄生植物種子発芽刺激活性を検定した結果、根寄生植物種間に明らかな感受性差異が認められた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Origin of strigolactones in the green lineage.
(2)Germination stimulants of Phelipanche ramosa in the rhizosphere of Brassica napus are derived from the glucosinolate pathway.
(3)Strigone, isolation and identification as a natural strigolactone from Houttuynia cordata.
(4)Confirming stereochemical structures of strigolactones produced by rice and tobacco.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211659
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat