ゲノムワイドなアソシエーション研究と分子育種基盤の整備

ゲノムワイドなアソシエーション研究と分子育種基盤の整備

課題番号2012020595
研究機関名(独)森林総合研究所
研究期間2009-2013
年度2012
中課題ゲノムワイドなアソシエーション研究と分子育種基盤の整備
摘要雄花着花量と材質とのアソシエーション解析の結果、遺伝構造、血縁構造を考慮しないモデルではそれぞれ105座、4座、遺伝構造のみ考慮したQモデルで10座、2座、遺伝構造と血縁構造全てを考慮したQ+Kモデルで各1座が0.1%レベルで有意となった。スギ天然林での環境とのアソシエーション解析の結果、気象要因と14座で相関がみられた。合計で2,895マーカーが座乗するスギ基盤連鎖地図を構築することができた。TO13S家系、S3T67家系、F1N4家系の3家系で雄性不稔個体の識別マーカーを探索した結果、それぞれ97.0%、98.0%、98.5%の正解率で雄性不稔個体を識別することができた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Identification of QTLs associated with male strobili abundance in Cryptomeria japonica.
(2)The construction of a high-density linkage map for identifying SNP markers that are tightly linked to a nuclear-recessive major gene for male sterility in Cryptomeria japonica D. Don.
(3)Single nucleotide polymorphisms in Cryptomeria japonica: their discovery and validation for genome mapping and diversity studies.
(4)Genome scanning for detecting adaptive genes along environmental gradients in the Japanese conifer, Cryptomeria japonica.
(5)A second generation framework for the analysis of microsatellites in expressed sequence tags and the development of EST-SSR markers for a conifer, Cryptomeria japonica.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat