病害虫ミトコンドリア蛋白質の酵母における機能的発現

病害虫ミトコンドリア蛋白質の酵母における機能的発現

課題番号2012020675
研究機関名徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター
研究期間2012-2016
年度2012
中課題病害虫ミトコンドリア蛋白質の酵母における機能的発現
摘要塩月グループで調製された病害虫のADP/ATP 輸送体をコードするcDNAを用いて、病害虫のADP/ATP輸送体を酵母ミトコンドリアで機能的に発現させることを目指し、コクヌストモドキ、ヒゲナガアブラムシ、カイコおよびハスモンヨトウについて発現系の構築を進めた。ヒトのADP/ATP 輸送体の場合、そのままの形では発現できず、キメラとして発現する必要があったが、病害虫のタンパク質の方が発現が容易であった。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211743
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat