改変ペプチド融合シルクの開発と固定化素材の評価

改変ペプチド融合シルクの開発と固定化素材の評価

課題番号2012020697
研究機関名(独)農業生物資源研究所
研究期間2010-2012
年度2012
中課題改変ペプチド融合シルクの開発と固定化素材の評価
摘要バキュロウイルスベクターを用いた抗菌ペプチド分泌の確認を行った。新たに4系統の組換えカイコを作出し、それらの生産する組換えシルクの抗菌活性を調べ、弱いながらも抗菌活性を示すことを明らかにした。改変ペプチドI6V置換体が元の改変ペプチドより高い活性を示す理由が、膜破壊速度が元の改変ペプチドより速いことであることを明らかにした。改変ペプチド含有ポリマーの安全性試験を行い、SEK認証に必要なすべての項目に関して安全性を確認した。洗濯耐性の試験を行い、50回の洗濯に耐えることを明らかにした。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat