アミロペクチン長鎖型の超硬質米による米粉新需要食品の開発

アミロペクチン長鎖型の超硬質米による米粉新需要食品の開発

課題番号2012020759
研究機関名(国)新潟大学,(国)九州大学,(独)農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター,福岡県,新潟県農業総合研究所食品研究センター,鳥越製粉(株),吉村穀粉(株),山崎製パン(株)中央研究所,坂井製粉製麺(有)
研究期間2008-2012
年度2012
中課題アミロペクチン長鎖型の超硬質米による米粉新需要食品の開発
摘要1.超硬質米の育成
2.超硬質米の実用的育種素材の開発
3.温暖地向け超硬質米有望系統の育成と栽培技術開発
4.超硬質米の利用特性の解明
5.超硬質米の加工利用技術の開発
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Quality Evaluation of Rice Crackers Based on Physicochemical Measurements.
(2)Search for Cell-Wall Degrading Enzymes of World-Wide Rice Grains by PCR and Their Effects on The Palatability of Rice.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat