高受胎率が望める人工授精用豚精子の液状・凍結保存技術および受精能評価システムの開発

高受胎率が望める人工授精用豚精子の液状・凍結保存技術および受精能評価システムの開発

課題番号2012020764
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(国)山口大学,(独)農業生物資源研究所,(国)岡山大学,福岡県,愛知県,全国農業協同組合連合会飼料畜産中央研究所,(地独)北海道立総合研究機構
研究期間2009-2012
年度2012
中課題高受胎率が望める人工授精用豚精子の液状・凍結保存技術および受精能評価システムの開発
摘要1.品質・効率の向上のための合成希釈・凍結液の開発
2.凍結精液を用いた子宮深部人工授精技術の開発
3.子宮内の免疫反応制御による人工授精技術の開発
4.受胎効率向上のための定時授精技術の開発
5.新規精子保存法の検証
6.開発された人工授精手法の実証試験
7.新規凍結精液の人工授精技術の検証
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Long-term preservation of chilled canine semen using vitamin C in combination with green tea polyphenol.
(2)Motility and fertility of boar semen after liquid preservation at 5°C for more than 2 weeks
(3)Effects of (-)-epigallocatechin gallate on the motility and penetrability of frozen-thawed boar spermatozoa incubated in the fertilization medium
(4)Effects of caffeine on sperm characteristics after thawing and inflammatory response in the uterus after artificial insemination with frozen-thawed boar semen
(5)Effects of green tea polyphenol on the quality of canine semen preserved long-term at 5°C
(6)Image processing combined with chlortetracycline (CTC) staining for detecting boar sperm capacitation and fertility
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211832
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat