間伐促進のための低負荷型作業路開設技術と影響評価手法の開発

間伐促進のための低負荷型作業路開設技術と影響評価手法の開発

課題番号2012020766
研究機関名(独)森林総合研究所,石川県,岐阜県森林研究所,秋田県農林水産技術センター,(学)日本大学生物資源科学部
研究期間2009-2012
年度2012
中課題間伐促進のための低負荷型作業路開設技術と影響評価手法の開発
摘要1.低負荷型作業路の開設技術の開発
2.間伐に伴う水土保全機能の変動評価手法の開発
3.間伐実施計画策定支援ツールの開発
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)常陸太田試験地における間伐による蒸発散量の変化
(2)茨城県北部のヒノキ林における間伐に伴う林分構造と樹冠通過雨量の変化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211834
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat