北海道産人工林材を活用した低コストで高性能な単板集成材の開発と実用化

北海道産人工林材を活用した低コストで高性能な単板集成材の開発と実用化

課題番号2012020840
研究機関名(地独)北海道立総合研究機構,(独)森林総合研究所,丸玉産業(株),協同組合オホーツクウッドピア,物林(株)
研究期間2010-2012
年度2012
中課題北海道産人工林材を活用した低コストで高性能な単板集成材の開発と実用化
摘要1.新しい単板集成材の生産システムの開発
2.北海道産人工林材を用いた単板集成材に最適な保存処理技術の開発
3.単板集成材の公的認定取得に向けた製造試験とデータ整備
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Radial variation in partial compression properties perpendicular to the grain of Japanese larch (Larix kaempferi)、
(2)Curing of phenol-formaldehyde resin mixed with wood preservatives
(3)保存処理された合板・単板積層材の接着性能
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211908
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat