高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の普及と抗ストレス作用を活用した食品開発

高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の普及と抗ストレス作用を活用した食品開発

課題番号2012020861
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(国)京都大学,(国)九州大学,(株)日本製紙グループ本社,ネピュレ(株),フンドーキン醤油(株),鹿児島県大島支庁徳之島事務所
研究期間2011-2013
年度2012
中課題高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の普及と抗ストレス作用を活用した食品開発
摘要1.サンルージュピューレの機能性解析
2.サンルージュ栽培法の確立
3.サンルージュピューレを使った食品開発
4.普及支援業務(現地での早期成園化、製造ラインの整備)
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Effects of anthocyanin-rich tea 'Sunrouge' on dextran sodium sulfate-induced colitis in mice.
(2)Delphinidin-3-O-galactoside protects mouse hepatocytes from (-)-epoigallocatechin-3-gallate-induced cytotoxicity via up-regulation of heme oxygenease-1 and heat shock protein 70.
(3) Chemical analysis and actylcholinesterase inhibitory effect of anthocyanin-rich red leaf tea (cv. Sunrouge)
(4)「サンルージュ」含有アントシアニンの茶期別および葉位別変動特性と生理活性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat