飼料用米の低コスト・多収・低投入技術の地域における実証  ③温暖地中山間地域における飼料用米の持続的低コスト多収生産技術の確立

飼料用米の低コスト・多収・低投入技術の地域における実証  ③温暖地中山間地域における飼料用米の持続的低コスト多収生産技術の確立

課題番号2012021040
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,岐阜県中山間農業研究所
研究期間2010-2014
年度2012
中課題飼料用米の低コスト・多収・低投入技術の地域における実証 
③温暖地中山間地域における飼料用米の持続的低コスト多収生産技術の確立
摘要山間高冷地や中山間地での「北陸193号」「夢あおば」における多収達成のための適正な窒素施用量を明らかにした.また,乳苗の疎植栽培では株間22cmが有効であることや,適正な育苗条件および圃場管理条件を明確にできた.「北陸193号」は、刈取高30cmでも十分なわら収量が得られた.4月25日植の「北陸193号」の粗玄米収量が最も多く、苗箱数の削減と立毛乾燥による籾水分の低下により、乾燥調整費と育苗コスト低減を達成した.
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212101
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat