3元交雑種への飼料用米および規格外カンショ主体の自給飼料多給による豚肉の高品質化

3元交雑種への飼料用米および規格外カンショ主体の自給飼料多給による豚肉の高品質化

課題番号2012021132
研究機関名山形大学農学部,農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所
研究期間2010-2014
年度2012
中課題3元交雑種への飼料用米および規格外カンショ主体の自給飼料多給による豚肉の高品質化
摘要肥育前期(体重30-70kg)に対照飼料および破砕した玄米を52.5%配合した飼料を給与し、肥育後期(体重70kg-出荷)に対照飼料および玄米52.5%、カンショ22.5%配合した飼料を給与した。飼料摂取量の平均値は玄米区が高かったが、日増体量に差は無く、玄米区の飼料効率が低くなった。背脂肪厚等の枝肉成績、せん断力価、ドリップロス、クッキングロスに玄米給の影響はなかった。玄米の給与で、背脂肪内層のオレイン酸の割合が高くなり、リノール酸の割合は低くなったが、融点は変化しなかった。破砕した玄米を肥育前期から給与する場合は、配合割合を50%程度にとどめるべきだと結論した。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212193
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat