地下水位調節システム導入による野菜類の高位安定生産技術の開発

地下水位調節システム導入による野菜類の高位安定生産技術の開発

課題番号2012021209
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構
野菜茶業研究所
研究期間2010-2012
年度2012
中課題地下水位調節システム導入による野菜類の高位安定生産技術の開発
摘要ブロッコリーおよびタマネギについて地下水位制御による生産安定化効果を明らかにするため、モデル系において栽培試験を行った。その結果、タマネギでは平年並み降水量でも地下灌漑効果があること、盛夏のブロッコリーにおいて定植後の高水位維持が活着を促進することが分かった。また、FOEAS施工圃場における水位制御がキャベツの生産性に及ぼす影響を把握するため、地下水位を2段階に設定して土壌環境およびキャベツ生育を調査した。降雨による地下水位の上昇に伴い、土壌中の酸素濃度が低下しキャベツ生育が阻害されることから、多雨時には低めの水位設定が望ましいことが明らかになった。
予算区分委託プロ[水田プロ]
業績(1)地下水位の高低および変化がタマネギの根系発達に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212265
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat