東海の湿害地帯における地下水位制御技術を活用した稲・麦・大豆体系の確立

東海の湿害地帯における地下水位制御技術を活用した稲・麦・大豆体系の確立

課題番号2012021222
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構
中央農業総合研究センター
研究期間2010-2014
年度2012
中課題東海の湿害地帯における地下水位制御技術を活用した稲・麦・大豆体系の確立
摘要東海の水田輪作において地下水位制御技術の実証試験を行った。乾田直播水稲については、播種床の鎮圧を行い、乾田期に地下水位を一時的に地表面まで上げることによって、出芽率が向上し、単収は634 kg/10aであった。小麦(晩播)については、排水機能を活用した場合に単収は515 kg/10aであった。狭畦栽培の大豆については、開花期から莢伸長期に地下灌漑(地下水位−30 cm)を行った場合に単収は336 kg/10aであった。これらの結果から、地下水位制御技術を活用することによって東海地域の2 年3 作ならびに3 年5 作の水田輪作体系の生産性が向上することが示唆された。
予算区分委託プロ[水田プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat