暖地における春播きソバー大豆の機械化輪作栽培技術の確立

暖地における春播きソバー大豆の機械化輪作栽培技術の確立

課題番号2012021244
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2012-2014
年度2012
中課題暖地における春播きソバー大豆の機械化輪作栽培技術の確立
摘要春播きソバのコンバイン収穫において、ソバ用受け網ではこぎ胴内残渣が増えるため、ロール式を選定した。また、送風設定では中量が優れた。コンバイン収穫後の圃場に約500〜1,000粒以上/㎡のソバ種子が残存し、ソバ収穫後から大豆播種までの間に漏生ソバの発生が多く、大豆播種後の発生は少ないことを明らかにした。漏生ソバに対する土壌処理除草剤の防除効果は低いが、茎葉処理除草剤(ベンタゾン液剤)の防除効果が高いことを明らかにした。
予算区分委託プロ[水田プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212300
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat