省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発

省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発

課題番号2012021280
研究機関名国立大学法人 千葉大学
研究期間2010-2014
年度2012
中課題省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発
摘要(1) ヒートポンプ(ルームエアコン、以下HP)の運転台数を、暖冷房負荷に応じて自動的に決定する「台数制御ソフトウェア」のプロトタイプを開発した。この課題は、狩野敦特任教授および村上崇樹研究員が主に担当し、千葉大学・柏の葉キャンパスの二次育苗棟において実施した。
(2) 暖房デグリーアワーと室温設定値の関数として、HP暖房と灯油暖房の暖房費用を、初期設備費の大小をも考慮して、検討した。この課題は、関山哲雄特命研究員が主に担当して、千葉大学柏の葉キャンパスの太陽光型植物工場(トマト)で実施した。
(3) 柏の葉キャンパスの二次育苗棟に設置し、稼働中のHPの成績係数(COP)の連続測定装置(電力中央研究所が開発、千葉大学が協力)を用いて、冷房負荷等に応じた成績係数の変動を連続的に測定した。この部分の協力は、関山哲雄、村上崇樹、古在豊樹が担当した。        (4) HPの成績係数を温室内で連続的に計測する装置は順調に稼働している。そして、成績係数は最大負荷率の60〜70%程度の時に最大となることが示されている。
(5) 冷暖房負荷に応じて、HPの運転台数を暖冷房負荷に応じて決定するアルゴリズムを開発し、実測を行い、その問題点を検討した。そして、台数制御ソフトウェアの改良法を見出した。
予算区分委託プロ[アシストプロ]
業績(1)Innovation in agriculture: Plant factories with artificial light
(2)太陽光型植物工場、エネルギー・資源
(3)小型植物工場ネットワーク.
(4)Estimating the air exchange rate using water vapour as a tracer gas in a semi-closed growth chamber
(5)What PFAL means to urban agriculture
(6)Plant Factory in Japan ? Current Situation and Perspectives
(7)Reductions in energy consumption and CO2 emissions for greenhouses heated with heat pumps
(8)??ぜ植物工場なのかーその背景、現状および社会的役割―
(9)Estimation of hourly CO2 assimilation rate of lettuce plants in a closed system with artificial lighting for commercial production
(10)特集 人工光型植物工場、人工光型植物工場の可能性
(11)植物工場の背景、課題および動向
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat