機能性食物繊維の添加・摂取による代謝物網羅的解析法の確立

機能性食物繊維の添加・摂取による代謝物網羅的解析法の確立

課題番号2012021347
研究機関名神戸大学
研究期間2011-2013
年度2012
中課題機能性食物繊維の添加・摂取による代謝物網羅的解析法の確立
摘要機能性食物繊維摂取によるヒトへの生活習慣病に対する有効性を検証する際に用いる代謝物網羅的解析法の確立を目的とした。平成24年度は、平成23年度に確立した解析手法のマウスやヒト検体への適用性を確認し、GC/MSやLC/MSを用いた代謝物解析手法がバイオマーカーの発見や生体の状態評価に有用であることが検証できた。現在、機能性食物繊維摂取の生体への影響評価において、この確立した代謝物解析手法を用いて研究を進めている。
予算区分委託プロ[医食同源プロ]
業績(1)Regulation of the metabolite profile by an APC gene mutation in colorectal cancer
(2)Metabolomic analysis to discover candidate therapeutic agents against acute pancreatitis
(3)A novel serum metabolomics-based diagnostic approach for colorectal cancer
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat