イソフラボン類のメタボリックシンドローム予防効果に寄与する腸内環境の解明

イソフラボン類のメタボリックシンドローム予防効果に寄与する腸内環境の解明

課題番号2012021366
研究機関名京都府立医科大学,農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所
研究期間2011-2013
年度2012
中課題イソフラボン類のメタボリックシンドローム予防効果に寄与する腸内環境の解明
摘要ヒト試験を行い、30人分の新鮮糞便を獲得し、イソフラボン代謝性とBMIとの関連性について解析を行った。また、短鎖脂肪酸濃度を測定した。糞便1グラム当たりの短鎖脂肪酸量とBMIとの関連性について検討を行った。ヒト糞便のイソフラボン(ダイゼイン)代謝性はヒトによって個人差が大きいことが明らかとなった。しかし、女性糞便菌叢のequol濃度とBMIとの間には負の相関が認められた。また、女性の糞便1グラム当たりの酪酸量とBMIとの間には弱い負の相関が認められた。イソフラボン代謝に関連する腸内菌叢が宿主のエネルギー代謝等の肥満関連因子に関与している可能性が強く示唆される結果を得た。
予算区分委託プロ[医食同源プロ]
業績(1)Effect of dietary L-arabinose on the intestinal microbiota and metabolism of dietary daidzein in adult mice
(2)Effects of rice bran oil on the intestinal microbiota and metabolism of isoflavones in adult mice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat