ヒト細胞の炎症性サイトカイン産生抑制作用

ヒト細胞の炎症性サイトカイン産生抑制作用

課題番号2012021399
研究機関名新潟大学,東京歯科大学
研究期間2011-2013
年度2012
中課題ヒト細胞の炎症性サイトカイン産生抑制作用
摘要米ペプチドCLを用いて、内毒素のヒト培養細胞からの炎症性サイトカイン誘導能に対する抑制効果を検討した。CLペプチドは、用いたすべてのLPSおよびlipid AのIL-6産生誘導に対して濃度依存的に抑制効果を示した。またLPSのマウス致死毒性に対するCLペプチドの阻害効果についてBALB/cマウスを用いて検討した。LPSの致死活性に対する有意な阻害効果が確認できた。
予算区分委託プロ[医食同源プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212446
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat