ヤギを実験モデルとしたニューロキニンによるGnRHパルス状分泌調節機構の解明と卵胞発育制御技術の開発

ヤギを実験モデルとしたニューロキニンによるGnRHパルス状分泌調節機構の解明と卵胞発育制御技術の開発

課題番号2012021414
研究機関名(独)農業生物資源研究所
研究期間2012-2016
年度2012
中課題ヤギを実験モデルとしたニューロキニンによるGnRHパルス状分泌調節機構の解明と卵胞発育制御技術の開発
摘要ヤギにおいてキスペプチン神経細胞近傍への各種生理活性物質の微小投与法を検討するとともに、新規ニューロキニン受容体作動薬候補物質のヤギ生体内における活性強度評価系を確立した。
予算区分委託プロ[家畜ゲノム]
業績(1)Kisspeptin as a master player in the central control of reproduction in mammals: an overview of kisspeptin research in domestic animals
(2)Electrophysiological and morphological evidence for synchronized GnRH pulse generator activity among kisspeptin/neurokinin B/dynorphin A (KNDy) neurons in goats
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212461
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat