ウシにおけるキスペプチン/ニューロキニン系を応用した卵巣機能制御技術の開発

ウシにおけるキスペプチン/ニューロキニン系を応用した卵巣機能制御技術の開発

課題番号2012021418
研究機関名(独)農業生物資源研究所,国立大学法人 名古屋大学
研究期間2012-2016
年度2012
中課題ウシにおけるキスペプチン/ニューロキニン系を応用した卵巣機能制御技術の開発
摘要キスペプチン受容体作動薬の末梢投与によるウシの性腺刺激ホルモン分泌刺激効果と卵胞発育および排卵誘起効果を解析した。また、家畜のキスペプチン/ニューロキニン含有神経細胞の不死化細胞株作出を行った。
予算区分委託プロ[家畜ゲノム]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212465
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat