小麦のかび毒汚染低減のための追加防除時期の検討とかび毒分解菌の利用技術の開発

小麦のかび毒汚染低減のための追加防除時期の検討とかび毒分解菌の利用技術の開発

課題番号2012021597
研究機関名独立行政法人農研機構
研究期間2008-2012
年度2012
中課題小麦のかび毒汚染低減のための追加防除時期の検討とかび毒分解菌の利用技術の開発
摘要小麦における開花20日後散布の各種薬剤・剤型のかび毒低減効果は前年度と同様に供試した全ての剤型で認められ、剤型別低減効果は、[水和剤、フロアブル剤]>[ゾル剤、フロアブル剤の高濃度少量散布]≧[粉剤]の傾向であった。かび毒分解菌(DON分解菌)の小麦圃場への散布は前年度同様赤かび病発病度に影響しなかったが、かび毒低減率(DON)は最も高い区で29となり、3年間の試験結果からかび毒分解菌は圃場立毛中でかび毒を低減できる可能性があることが示された。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
業績(1)オオムギ主要品種の登熟過程における赤かび病病勢進展とかび毒蓄積特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212617
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat