小麦の製粉工程、調理工程におけるデオキシニバレノールおよびニバレノールの動態解明

小麦の製粉工程、調理工程におけるデオキシニバレノールおよびニバレノールの動態解明

課題番号2012021602
研究機関名独立行政法人農研機構
研究期間2008-2012
年度2012
中課題小麦の製粉工程、調理工程におけるデオキシニバレノールおよびニバレノールの動態解明
摘要デオキシニバレノール(DON)汚染上質粉を用いたモデル調理において、上質粉から生麺に至る工程では、DONの補正残存率に変化が無かったのに対し、生麺から茹で麺に至る工程では、DONの補正残存率が50%程度であったことから、加水調理はDON濃度の低減に有効であることが示された。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
業績(1)Distribution of nivalenol in milling fractions of severely Fusarium-infected Japanese soft winter wheat grains
(2)Effects of noodle making and cooking on the levels of a mycotoxin deoxynivalenol in Japanese soft wheat varieties
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212622
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat