DDSを用いた鶏卵のサルモネラ汚染防除技術の開発

DDSを用いた鶏卵のサルモネラ汚染防除技術の開発

課題番号2012021614
研究機関名独立行政法人農研機構
研究期間2008-2012
年度2012
中課題DDSを用いた鶏卵のサルモネラ汚染防除技術の開発
摘要消化管内ドラッグデリバリーシステム用のカプセルとして無機のマイクロカプセルを開発した。無機素材は炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、シリカである。このカプセルに免疫用の抗原を封入することで、省力的かつ安定した経口ワクチンが作成可能である。本カプセルはニワトリ上部消化管内に形を保持したまま留まり、放出されたカプセル内容物は消化管全体に広がる。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212634
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat