特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ血清型迅速同定法の開発

特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ血清型迅速同定法の開発

課題番号2012021628
研究機関名独立行政法人農研機構
研究期間2008-2012
年度2012
中課題 特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ血清型迅速同定法の開発
摘要サルモネラ主要血清型を同定するためのマルチプレックスPCR(m-PCR)の検査現場における適用性を検証した。食肉衛生検査所におけるサルモネラ分離から血清型別までのプロトコールを従来法としたとき、抗血清を用いた血清型別をm-PCRに置き換えた迅速法の感度と特異度はともに100%と算出され、食肉衛生検査における日常検査としての使用に耐えうるプロトコールであることが示された。
予算区分委託プロ[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212648
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat