カドミウム高吸収イネの開発

カドミウム高吸収イネの開発

課題番号2012021658
研究機関名東京大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題カドミウム高吸収イネの開発
摘要土壌中のカドミウムを除去するための「カドミウム高吸収イネの開発」を目的とし、イネにおけるカドミウムの吸収、地上部への輸送、地上部での蓄積、耐性のメカニズムおよびこれらに関わる複数の遺伝子を明らかにした。鉄トランスポーターOsNRAMP1、新規カドミウム輸送トランスポーターOsNRAMP5の解析を行った。「たちすがた」、「Anjana Dhan」に遺伝子導入し、従来品種より高いカドミウム集積能を示す形質転換体の作成に成功した。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)The OsHMA2 transporter is involved in root-to-shoot translocation of Zn and Cd in rice
(2)Characterizing the role of rice NRAMP5 in Manganese, Iron and Cadmium Transport
(3)The role of heavy-metal ATPases, HMAs, in zinc and cadmium transport in rice
(4)OsNRAMP5, a major player for constitutive iron and manganese uptake in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat