新規遺伝子発現抑制制御技術の開発

新規遺伝子発現抑制制御技術の開発

課題番号2012021666
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2008-2012
年度2012
中課題新規遺伝子発現抑制制御技術の開発
摘要コドンを改変した外来合成遺伝子をイネに遺伝子導入した際、遺伝子発現抑制が見られることがある。この遺伝子発現抑制がRSISと同じ分子機構で行われているのか調査したところ、産生される低分子RNAの長さや転写終結部位で転写が終結せずリードスルーといった特性など共通点が多く、ほぼ同じような分子機構で遺伝子発現抑制が行われていると思われる。従って、植物においては外来の合成遺伝子導入に対して、異物として認識し、遺伝子発現抑制を誘導すると示唆された。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Reduction of 13 kD prolamins increases recombinant protein yield and recovery rate in rice endosperm
(2)Agrobacterium-mediated co-transformation of rice using two selectable marker genes derived from rice genome components
(3)Functional integration between defence and IRE1-mediated ER stress response in rice
(4)Expression of OsBiP4 and OsBiP5 is highly correlated with the endoplasmic reticulum stress response in rice
(5)RNA silencing induced by an artificial sequence that prevents proper transcription termination in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat