複雑形態制御ネットワークの解明

複雑形態制御ネットワークの解明

課題番号2012021699
研究機関名農業生物資源研究所,東京大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題複雑形態制御ネットワークの解明
摘要中肋は葉の中央部に存在する強い構造で、イネの葉の直立性に大きな影響を与える。葉は直立するほど、光を効率的に受けやすく、栽培面積も少なくてすむ。本研究では、中肋形成の鍵となる DL 遺伝子を中心とする複雑な遺伝子ネットワークの解明を行うとともに、DL 遺伝子の機能を増強し、葉の直立性の強いイネを作出することを試みた。また、植物の形態形成に非常に重要である幹細胞の恒常性を維持する遺伝子の機能を解明した。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Formation of two florets within a single spikelet in the rice tongari-boushi1 mutant
(2)Aberrant spikelet and panicle1, encoding a TOPLESS-related transcriptional co-repressor, is involved in the regulation of meristem fate in rice
(3)The YABBY gene TONGARI-BOUSHI1 is involved in lateral organ development and maintenance of meristem organization in the rice spikelet
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat