いもち病菌エフェクタータンパク質によるイネ耐病性発現調節機構の解明

いもち病菌エフェクタータンパク質によるイネ耐病性発現調節機構の解明

課題番号2012021715
研究機関名農業生物資源研究所,岩手生物工学研究センター
研究期間2008-2012
年度2012
中課題いもち病菌エフェクタータンパク質によるイネ耐病性発現調節機構の解明
摘要イネいもち病菌が細胞外に分泌するエフェクターのうち、3種類の非病原力因子、AVR-Pii、AVR-Pia、AVR-Pikを中心に機能解明を進めた。AVR-Piiは、イネの細胞内に入った後にイネタンパク質Exo70と結合し、イネの分泌機構を阻害する可能性が示された。AVR-Pikとイネ抵抗性タンパク質Pik-1が直接結合することを示した。AVR-PikとPik-1は、共進化している可能性が示唆された。さらにイネ大規模突然変異系統を利用して、イネ抵抗性遺伝子Piiを単離同定した。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Genome sequencing reveals agronomically important loci in rice using MutMap
(2)Mutation in OsLMS, a gene encoding a protein with two double-stranded RNA binding motifs, causes lesion mimic phenotype and early senescence in rice (Oryza sativa L.)
(3)Whole genome sequencing and future breeding of rice
(4)Arms race co-evolution of Magnaporthe oryzae AVR-Pik and rice Pik genes driven by their physical interactions
(5)Large-scale gene disruption in Magnaporthe oryzae identifies MC69, a secreted protein required for infection by monocot and dicot fungal pathogens
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat