FOX系統を利用したストレス耐性関連遺伝子の探索と利用

FOX系統を利用したストレス耐性関連遺伝子の探索と利用

課題番号2012021745
研究機関名農業生物資源研究所,名古屋大学
研究期間2008-2012
年度2012
中課題FOX系統を利用したストレス耐性関連遺伝子の探索と利用
摘要FOX系統を利用したスクリーニングにより、ジャスモン酸代謝に関わる遺伝子を新たに環境ストレス耐性遺伝子として同定した。また、77種のストレス耐性遺伝子の過剰発現イネ系統(99系統)および既存イネ品種・系統(16系統)について、異なる環境条件下でのストレス耐性を相対的に評価し、その特性をプロファイリングした。さらにまた、環境ストレス耐性に関与する核内因子RSS3がジャスモン酸応答性遺伝子の発現制御に関わることを見出した。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)RICE SALT SENSITIVE 3 forms a ternary complex with JAZ and class-C bHLH factors, and regulates JA-induced gene expression and root cell elongation.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212759
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat