放射線を利用した変異体の作出・評価及び利用

放射線を利用した変異体の作出・評価及び利用

課題番号2012021746
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2008-2012
年度2012
中課題放射線を利用した変異体の作出・評価及び利用
摘要EMS処理による突然変異系統M1個体の育成を行った。これまでに蓄積された固定系統についてはその増殖を進めるとともにひとめぼれの突然変異系統については2カ年にわたり、耐塩性のスクリーニングと選抜を行い、5系統の有望系統を得た。超早生変異体99KG173とM34について解析を行い、両者の原因遺伝子はともにSe5(OsHY1)であることが判明した。ガンマ線急照射由来変異体の次世代シークエンサーによるゲノムワイドな解析を行い、SNP部位を明らかにした。
予算区分委託プロ[新農業展開ゲノムプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212760
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat