モデル動物を用いたスギ花粉症治療米の有効性・安全性の評価

モデル動物を用いたスギ花粉症治療米の有効性・安全性の評価

課題番号2012021830
研究機関名農業生物資源研究所,公益財団法人東京都医学総合研究所,島根大学,東京慈恵会医科大学
研究期間2010-2014
年度2012
中課題モデル動物を用いたスギ花粉症治療米の有効性・安全性の評価
摘要スギ花粉症治療米の玄米や炊飯米を健常ニホンザルに経口投与し、安全性を継続的に調査すると共に、スギ花粉症ニホンザルに経口投与して有効性を調べた。
予算区分委託プロ[アグリ・ヘルス]
業績(1)Oral immunotherapy with transgenic rice seed containing destructed Japanese cedar pollen allergens, Cry j 1 and Cry j 2, against Japanese cedar pollinosis.
(2)Sublingual immunotherapy induces regulatory function of IL-10-expressing CD4+CD25+Foxp3+ T cells of cervical lymph nodes in murine allergic rhinitis model.
(3)スギ花粉症治療米を用いた経口免疫療法の評価と将来展望
(4)??ウスアレルギー性鼻炎モデルでの舌下免疫療法の有効性と機序の解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212840
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat