スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験

スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験

課題番号2012021831
研究機関名農業生物資源研究所,株式会社新日本科学,国立病院機構相模原病院
研究期間2010-2014
年度2012
中課題スギ花粉症治療米の医薬品としての安全性評価及び治験
摘要PMDAにスギ花粉症治療米に関する医薬品戦略相談を申し込み、対面助言により医薬品としてのコメの考えかたや非臨床試験で行うべき毒性試験の項目等について確定した。ラットやカニクイザルを用いた、GMPレベルでのコメ濃縮産物による拡張型単回毒性試験を実施した。
予算区分委託プロ[アグリ・ヘルス]
業績(1)Ⅰ.サイトカインの種類 1.インターロイキン5)IL-5
(2)NFAT1 and NFAT2 Differentially Regulate IL-17A Expression in Human T Cells.
(3)Protein phosphatase 1 is involved in IL-2-induced IL-5 and IL-13 expression in human T cells
(4)Inhibition of allergen-induced airway inflammation by oral immunotherapy with transgenic rice seeds independently of IgE synthesis
(5)アレルギーに対するサイトカイン II. IL-5
(6)Murine T Cell-Derived Contractile Activity for Bronchial Smooth Muscle Cells.
(7)Ⅰ.アレルギー PIE(pulmonary infiltrates with eosinophilia)症候群
(8)Ⅳ.アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の新しい知見
(9)序 〜サイトカインと喘息病因論の変遷〜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212841
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat