治療用の高機能型ヒト酵素および酵素増強化合物の開発と評価

治療用の高機能型ヒト酵素および酵素増強化合物の開発と評価

課題番号2012021849
研究機関名農業生物資源研究所,徳島大学
研究期間2010-2014
年度2012
中課題治療用の高機能型ヒト酵素および酵素増強化合物の開発と評価
摘要1万頭のGMカイコ由来中部絹糸腺から成熟型ヒトカテプシンA (CTSA)を精製できる方法を確立した。国立医薬品食品衛生研究所との共同で、CTSAの品質評価を開始し、糖鎖構造を明らかにした。また、培養細胞やマウスを利用する評価系の構築を進めた。
予算区分委託プロ[アグリ・ヘルス]
業績(1)Molecular therapy for lysosomal storage diseases
(2)Modeling of Human Neuraminidase-1 and Its Validation by LERE-Correlation Analysis
(3)Inhibitory effects and specificity of synthetic sialyldendrimers toward recombinant human cytosolic sialidase 2 (NEU2)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212859
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat