温暖化に対応した水稲安定生産技術の開発

温暖化に対応した水稲安定生産技術の開発

課題番号2012021980
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,滋賀県農業技術振興センター,福岡県農業総合試験場,長崎県農林技術開発センター
研究期間2010-2014
年度2012
中課題温暖化に対応した水稲安定生産技術の開発
摘要環境にも配慮した安定栽培技術開発の基礎資料とするため、水管理と生育、収量との関係について検討した。
温風導入型オープントップチャンバーにより、高温条件下での水稲の品質と収量を評価した。
「コシヒカリ」を対象に場内ならびに現地ほ場で、異なる栽培条件のもと穂肥の後期重点施用を検証した。
前年作が異なる土壌を用いて、湛水、30℃恒温処理した場合の可給態窒素溶出量の推移を検討した。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212966
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat