温暖化に対応した畑作の安定生産技術の開発

温暖化に対応した畑作の安定生産技術の開発

課題番号2012021982
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2010-2014
年度2012
中課題温暖化に対応した畑作の安定生産技術の開発
摘要栽培試験に供試した低温要求性遺伝子Vrn-D1に関する準同質遺伝子系統とその反復親と比較品種の品質調査を行った。
帰化アサガオ類の蔓延リスクを推定して防除体系を確立するため、温度条件を変えた人工気象室内で大豆と帰化アサガオ類の葉齢展開速度等を調査した。
気候変動に対応しうる小麦の生育特性を解明するため,作物研究所から低温要求性遺伝子Vrn-D1に関する準同質遺伝子系統の種子の提供を受けて栽培し,生育及び収量を調査した.
初冬のディスクハローによる野良イモ防除処理の効果を明らかにするため、処理後の野良イモの発生を調査した。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)帰化アサガオ類の圃場の侵入を防止するための圃場周辺管理技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212968
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat