果樹の樹体及び果実の生理障害軽減技術の開発

果樹の樹体及び果実の生理障害軽減技術の開発

課題番号2012021988
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,熊本県農業研究センター,鹿児島県農業開発総合センター,佐賀県果樹試験場,鳥取大学
研究期間2010-2014
年度2012
中課題果樹の樹体及び果実の生理障害軽減技術の開発
摘要ジベレリン・ジャスモン酸混用散布処理の最適化と高温下での作用性の検証、制御環境下でのウンシュウミカンの浮皮発生要因の解明、ナシ発芽不良の樹体条件の解明のための研究を行った。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
業績(1)ジベレリンとプロヒドロジャスモンの混用散布による中生ウンシュウミカンの浮皮軽減技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030212974
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat