土壌伝染性等ウイルス病に対する弱毒ウイルスの開発と実用化

土壌伝染性等ウイルス病に対する弱毒ウイルスの開発と実用化

課題番号2012022219
研究機関名(独)農研機構 中央農業総合研究センター
研究期間2009-2012
年度2012
中課題土壌伝染性等ウイルス病に対する弱毒ウイルスの開発と実用化
摘要現地農家圃場で既存のトウガラシマイルドモットルウイルス弱毒株を接種処理したピーマン株を栽培したところ、無処理区とほぼ同等の可販果収量を示したことから、有機栽培における土壌伝染性ウイルス病防除技術として判断され、本技術は岐阜県または京都府で制作したトウガラシ類の有機栽培マニュアルに掲載された。
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213205
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat