野菜類のカドミウム濃度低減技術の開発(独立行政法人農業環境技術研究所)

野菜類のカドミウム濃度低減技術の開発(独立行政法人農業環境技術研究所)

課題番号2012022261
研究機関名農業環境技術研究所,北海道立総合研究機構,青森県産業技術センター,群馬県農業技術センター,埼玉県農林総合研究センター,千葉県,徳島県立農林水産総合技術支援センター,高知県,佐賀県農業試験研究センター,宮崎県総合農業試験場,鹿児島県農業開発総合センター
研究期間2010-2012
年度2012
中課題野菜類のカドミウム濃度低減技術の開発(独立行政法人農業環境技術研究所)
摘要 ニンジンで、外皮Cd濃度は可食部Cd濃度の1.4〜1.9倍高いほか、サトイモ、ネギについても、可食部のCd濃度は外皮のCd濃度に比べて低い傾向を確認。
 また、野菜7品目(タマネギ、ニンジン、ニンニク、サトイモ、ホウレンソウ、ネギ、オクラ)のうち、サトイモ、ネギ以外において、可食部のCd濃度が低い品種を選定。
 可食部のCd濃度は、ホウレンソウに比べて、コマツナ、ミズナ、フダンソウのほうが有意に低いことが明らかとなった。
予算区分消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213246
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat