シールドキャビン付きトラクタを用いた畦畔および法面等の除染作業技術の検証

シールドキャビン付きトラクタを用いた畦畔および法面等の除染作業技術の検証

課題番号2012022327
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター,(株)クボタ
研究期間2012-2014
年度2012
中課題シールドキャビン付きトラクタを用いた畦畔および法面等の除染作業技術の検証
摘要農地除染を実施する際に、放射線による作業者の外部被ばくと放射性物質の吸入による内部被ばくを抑制するため、農薬散布トラクタ用キャビンに改造を加え、市販トラクタに新たに搭載した、シールドキャビン付きセミクローラ形トラクタ(前年度開発)について、福島県飯舘村の現地ほ場(水田)等において、その放射線および粉塵の遮蔽性能等について調査し、改良点等を把握した。また、通常のキャビンに改造を加えた実用型シールドキャビン付きセミクローラ形トラクタを開発し、粉塵の遮蔽性能等を調査した。また同機で飯舘村にて、草刈り機を取り付けて除染作業の一環としての草刈り作業の作業性等を調査した。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213308
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat