土壌除染処理装置による化学的除染の実証

土壌除染処理装置による化学的除染の実証

課題番号2012022362
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター,(株) 東芝
研究期間2012-2014
年度2012
中課題土壌除染処理装置による化学的除染の実証
摘要土壌の元素組成、風乾等の前処理、シュウ酸処理条件等が土壌からの放射性セシウム除去に及ぼす影響を明らかにするため、福島県内土壌36点についてシュウ酸処理試験を実験室で実施した。その結果、風乾等の前処理のセシウム除去率への影響は小さいこと及び、シュウ酸処理条件では、3回繰返しにより最大80%程度の除去率に達することを確認した。また、土壌中の粘土鉱物組成が除去率に影響を及ぼすことを確認し、シュウ酸処理技術の適用範囲を検討するうえで粘土鉱物が重要との知見を得た。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213343
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat