永年草地におけるルートマット・リター層からの牧草への放射性セシウム移行メカニズムの解明(リター層に含まれる放射性セシウムの牧草への移行の解明)

永年草地におけるルートマット・リター層からの牧草への放射性セシウム移行メカニズムの解明(リター層に含まれる放射性セシウムの牧草への移行の解明)

課題番号2012022369
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所,福島県農業総合センター畜産研究所
研究期間2012-2014
年度2012
中課題永年草地におけるルートマット・リター層からの牧草への放射性セシウム移行メカニズムの解明(リター層に含まれる放射性セシウムの牧草への移行の解明)
摘要各試験区の移行係数は、牧草葉面のリター層等表面への接触の有無に関わらず、非汚染土壌+リター>汚染土壌のみ>汚染土壌+リターとなった。牧草の放射性セシウム濃度は、牧草葉面のリター層等表面への接触の有無に関わらず、リターの無い「汚染土壌のみ」が一番高かった。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213350
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat