臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発

臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発

課題番号2013023189
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,茨城県農業総合センター,千葉県,愛知県,和歌山県,高知県,熊本県,宮崎県総合農業試験場,鹿児島県農業開発総合センター,(株)微生物化学研究所,(株)京都動物検査センター,京都府農林水産技術センター,長崎県
研究期間2008-2014
年度2013
中課題臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発
摘要1.各産地に適応させた脱臭化メチル剤栽培マニュアルの開発
2.脱臭化メチル剤栽培マニュアルを高度化する新技術の開発
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)露地栽培ショウガの根茎腐敗病に対する水和剤の効果的な灌注開始時期
(2)生育期処理剤の潅水チューブを利用したショウガ根茎腐敗病の防除法
(3)我が国のメロンから分離された新規ネポウイルス
(4)メロンえそ斑点ウイルス媒介菌Olpidium bornovanusの土壌検定法
(5)メロンえそ斑点ウイルス粒子の媒介菌遊走子への吸着が媒介率を決定する
(6)前作終了以降の潅水による土壌中PMMoV濃度低下とピーマンモザイク病の抑制効果
(7)キュウリ緑斑モザイク病の土壌伝染と罹病残渣の腐熟処理との関係
(8)ピーマン促成栽培圃場におけるPMMoVの米ぬかによる土壌伝染抑制効果について
(9)土壌伝染性ウイルス病害を防除する生分解性ポットを利用した定植技術
(10)露地栽培ショウガの根茎腐敗病はシアゾファミド水和剤の出芽揃い期からの灌注開始により効果的に抑制できる
(11)ショウガ根茎腐敗病に対するシアゾファミド水和剤の効果的で省力的な処理方法
(12)キュウリ緑斑モザイクウイルス(KGMMV)不活化のための、残さ腐熟処理の条件(土壌水分および温度)
(13)ピーマンモザイク病を予防する植物ウイルスワクチン『グリーンペパーPM』の農薬登録
(14)茨城県のピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(15)千葉県の地床アールス系メロン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(16)愛知県のキュウリ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(17)和歌山県の施設ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(18)高知県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(19)熊本県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(20)宮崎県のキュウリ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(21)鹿児島県の促成栽培ピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(22)「生育期処理剤の潅水チューブを利用したショウガ根茎腐敗病の防除法」
(23)「露地ショウガにおける土壌くん蒸剤の効果的な処理法」
(24) 「ショウガ根茎腐敗病発生圃場での輪作品目と発病抑制効果」
(25)促成栽培ピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル
(26)「熊本県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル」本
(27)八代地域ショウガ栽培暦
(28)「An attenuated isolate of Pepper mild mottle virus for cross protection of cultivated green pepper (Capsicum annuum L.) carrying the L3 resistance gene」
(29)施設における太陽熱消毒による土壌中ショウガ根茎腐敗病菌の殺菌効果
(30)ホウレンソウによるショウガ根茎腐敗病汚染ほ場の土壌消毒効果の判定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213368
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat