地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

課題番号2013023197
研究機関名長野県,(国)信州大学,星の町うすだ山菜きのこ生産組合
研究期間2010-2014
年度2013
中課題地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発
摘要1.複合培養系による腐生性きのこの増殖と森林の活性化
2.菌根性きのこの増殖と森林の活性化
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)里山を活用したきのこ簡易接種法
(2)地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発
(3)地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発
(4)ハナイグチの増殖方法
(5)菌根性きのこによる里山の活性化
(6)里山を活用したきのこ簡易接種法
(7)菌根性きのこの増殖による里山活性化と特用林産振興のための「モデル事例」
(8)菌根性きのこの増殖と利用
(9)「Detection of the edible ectomycorrhizal fungus Lyophyllum shimeji colonising seedlings of cultivated conifer species
in New Zealand」

(10)「Mobile DNA distributions refine the phylogeny of “matsutake” mushrooms, Tricholoma sect. Caligata」
(11)「Root endophyte symbiosis in vitro between the ectomycorrhizal basidiomycete Tricholoma matsutake and the arbuscular mycorrhizal plant Prunus speciosa」
(12)「Tricholoma matsutake Y1 strain associated with Pinus densiflora shows a gradient of in vitro ectomycorrhizal specificity with Pinaceae and oak hosts」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat